妖怪たちの一日

湯豆腐小僧

『もちろん湯豆腐食うだろ?』

が口ぐせの、ちょっと押し付けがましい性格の、湯豆腐小僧。親せきの豆腐小僧といっしょに、商売してる

働かないと食っていけない『こちらでお召し上がりですか?』豆腐小僧がとうふを出して、

湯豆腐小僧が火をふいて鍋を温めてくれる。どこでも出張いたします!

お得意先に納品

 

『豆腐お待たせしました~』

『ありがとよ!小僧、よく働くねえ』

屋台の三つ目のおやじ褒めてくれるけど、そんなことよりも

お代をおくれよ。今夜の酒代がいるんだ。

あ、ひま虫入道がまた酔いつぶれてる。

 

妖怪たちの宴

 

        『今日もよく働いた』

働いたあとの宴会は最高♪♪河童の親子もやってきて、

飲めや歌えのどんちゃん騒ぎ。このために生きてるなあ。

明日もがんばろう!

⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂

『絵本の読み語りサークル📚ぼちぼちいこか』

ホームページの絵を描いています🎶

のぞいてる

  お父さんに、絵本を読んでもらっている子どもたち。

絵本に夢中になっていますが、あれ、窓から誰かのぞいていますよ。

柴犬のくーちゃんだけが気づいていますね。

妖怪たちも、絵本の内容が気になるようですね。

うたた寝

一人暮らしのおばあちゃん。縁側で絵本を読んでいるうちに、

ウトウトとうたた寝。すると・・何やら妖怪たちが出てきましたよ~。

おや、柱の影からのぞいているのはつ目小僧赤鬼の子が、おせんべいをねらっています。河童は絵本をのぞき見。家に上がり込んで、勝手にお茶を飲んでいるのはぬらりひょん。おばあちゃん、目を覚ましたらびっくりしますね。

 

* * * * **  * * ** * * * *

『かみしばい屋さん』

子どもたちだけが住む長屋。ここでは、なんでも好きなことができる。

一日中遊んでいても、寝ていてもだれも怒らない。

時々くる紙芝居やさんを、みんな楽しみにしている。

今日はどんなお話かな♪  (H30年4月)